Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セルフケアグッズ 磁気針『つむじ風くん』の使い方と効果 ※腰に最適

2018年6月9日

こんにちは、べっちです。

以前、手軽に出来てとっても効果のある『爪もみ』の記事で、『つむじ風くん』について紹介させていただきました。

その時の記事はコチラです。
↓↓
爪もみで免疫力アップ!自律神経を整え血流アップする簡単な方法
 

今日は、『つむじ風くん』について、爪もみ以外の使い方についてお話させてただきます。

『つむじ風くん』とは?

『つむじ風くん』とは、その名の通り「つむじ」を中心に、頭全体をマッサージするために生まれた商品です。

両端に
・太い磁石 (直径6mm)
・細い磁石 (直径2mm)
がそれぞれ付いています。

メインでは太い磁石を使います。
 

長さはボールペンと同じくらいです。

つむじ風くんの長さの写真
 

考案した人は、僕がガンや膵炎の再発予防などのために受けている「気血免疫療法」の創始者、福田稔(ふくだみのる)医師です。

ご自身の「福田式つむじ療法」という治療の補助として開発されたセルフケアグッズとなります。
 

なので商品に添付している説明書きには、頭をマッサージする図解が書いてあります。

イメージとしては、スイカが頭だとすると、表面の黒いスジ(ツボ)に沿って上から下にマッサージしていく感じです。

(説明書は捨ててしまったのでお見せできなくて残念です。。)
 

ポイントは、先端の磁石です。

僕が通っている「気血免疫療法」の「VE&BI治療院」の先生の話によると、手でマッサージするよりも、磁石の方がより効果があるんですって。

しかも、電磁石でもなく、電気でもなく、やっぱり天然の磁石に限る!というこだわりのスタンスです。 
 

この「つむじ風くん」ですが、名前に「つむじ」が付いているものの、使える箇所は頭だけではありません。

極端にいうと、全身に使えます。

僕の通っているVE&BI治療院でも、頭だけでなく全身の治療に磁気針が使われています。
 

# 実際には現在のVE&BI治療院では、プロの治療家向けに特注で作ったという、持ち手付きのゴツい磁気針が使われています。

# いずれにしても磁石ですので、根本は変わりません。
 

全身の中でも、以前お伝えした「爪もみ」には、つむじ風くんは最適です。
指での「爪もみ」ももちろんいいのですが、「つむじ風くん」だとよりピンポイントに刺激が伝わります。
 

ですが、僕が「つむじ風くん」を使っていて僕が最も効果を感じる部位は、実は「頭」でも「爪」でもありません。

その場所は、「腰」です。

スポンサーリンク

「腰」に効果絶大なつむじ風くん

腰って、自分でマッサージするの難しいですよね。

なんたって、体の後ろにありますからね。

もちろん手をうしろに回せば届きますけど、マッサージとなると難しいです。
 

一応、両手をうしろに回してゲンコツでもみもみする技もあって、これはこれで結構効きます。

でも「つむじ風くん」を使うと、異次元の刺激を味わえます!
 

つむじ風くんを使った腰のマッサージ方法はとっても簡単です。

【つむじ風くんを使った腰のマッサージ方法】
1. 立ち上がって背筋を伸ばす
2. 両手を後ろに回し、つむじ風くんを両手で持つ
(太い方を腰に向ける)
3. つむじ風くんを腰にあてて、グリグリする

つむじ風くんで腰をマッサージしている写真

とっても簡単ですよね。

でも、効果はすごいです。
「効く~~~!」
って感じです。
 

痛いと感じたら、そこに悪い物が詰まっているので少し重点的にやります。

自分自身のどのあたりが良くないのか、位置を変えて探りながらやるとよいですね。
 

また、腰だけでなく、おしりや、背中の届く範囲についても同様に、「つむじ風くん」のオススメ部位です。

裏技的つむじ風くんの活用法

これからお話する方法は、よい子とよい大人は真似してはいけない、禁断の裏技的なつむじ風くん活用法です。

それは、会社で眠~い会議中に使い、眠気覚ましをする方法です。

特に、昼食後の眠くなる時間帯に実践すると効果的です。
 

「つむじ風くん」って、見た目はペンみたいだし、使っても音がしないので全然目立たないんですよね。

なので、つむじ風くんには文房具のフリをしてもらい、会議室に持ち込んでしまうのです。

そして
「やば、ねむい、、」
となった時こそ彼の出番です。
 

実はつむじ風くんって、セルフケアとして体の色んなところに使うには、ちょっと刺激が強すぎるんです。

基本は太い側の磁石を使いますが、それでもピンポイントに刺激が伝わりすぎるんですよね。
 

ですが、この時ばかりはその性質を逆手に取ります。

あくまでも、周りの人にはばれないように、机の下で「つむじ風くん」で色んなところをモミモミしてみましょう。

モミモミしている間は、眠気はしのげるはずです。
 

それでも眠かったら、つむじ風くんの細い側の磁石を使います。
つむじ風くんで眠気覚まし

どうしても!という時は、
周りに見えてしまいますけど、
こめかみをプスプスやってしまいましょう。
 

それでも別に目立つ動作ではないですし、音もしないので、すぐに机の下に戻せば怪しまれることはありません。

何より、会議中に寝てしまうよりはずっといいハズです。
 

それに、眠気対策もしながら、マッサージで血流アップ、毒出し力アップ、自律神経のバランス力アップ、できますので、一石二鳥どころではありません!

まとめ

今日のお話をまとめると、

  • つむじ風くんは、頭のマッサージのために生まれたセルフケアグッズ
  • 腰に使うと絶大な効果
  • 裏技的に、会議での眠気覚ましにも使える

でした。
 

ちょっと先ほどもお話したんですけど、つむじ風くんって、部位によっては刺激が強すぎるという難点もあります。

また、あてる部分がピンポイントすぎて、体全体をマッサージしようとすると時間がかかりすぎてしまう、という問題もあります。
 

実は、この点を見事に解決したセルフケアグッズが存在します。

つむじ風くんと合わせて使うと、お互いを補えあるアイテムです。
 

そのグッズについては、また次回にお話ししますね。

次回の記事はコチラ
↓↓
スーパーコリンコ 効率よく全身をマッサージできるセルフケアグッズ! 

それでは、今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます!!
 

 
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます
    None Found