Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

はたらく細胞BLACK 衝撃すぎる第3話「××編」ぶっちゃけまくり感想

2018年9月1日

少し前に「はたらく細胞BLACK」の中でもあまりにブラック過ぎる第3話、第4話のエピソードについてはこのブログの記事に出来る範疇を超えているので、記事にするのを断念した旨をお話しました。

その時の記事はコチラ
↓↓
アルコールが行き着く先はキャバクラ?はたらく細胞BLACK 2話ネタバレ
 

ですが、読み返してみると、第3話も第4話もやはりスゴク面白いです!

なので今日は一度は断念した記事ですが、頑張って書いてみようと思います。
 

※はたらく細胞BLACK 公式PVありました。3話の内容とリンクしています。
↓↓

そこまでやるか!第3話は生殖行為中の男性体内!

もう第3話については、目次を見た段階で

「わっ、そこまでやっちゃうか!
 はたらく細胞BLACK!」

と思ってしまうテーマでした。
 

具体的には、
ヒトが生殖行為を行うにあたり、男性の体内がどんな風になるか?
という話です。
 

まだ3話目なのに、そんなあられもないテーマを持ってくるなんて。。
 

本家のはたらく細胞が「月刊少年シリウス」連載なのに対し、
はたらく細胞BLACKが「モーニング」連載なのもうなづけます。

決してアダルトカテゴリーというわけではないですが、特に第3話では電車の中で読むには人目が気になるようなコマもちらほら。

はたらく細胞達は真剣そのもの!むしろ超ホワイト!

ですが、体内の「はたらく細胞」達の奮闘を見ていると、彼らは子孫を残すために本当に必死に頑張ってくれていることが分かります。

「必ずこの生殖行為を成功させるんだ!」
という強い使命を持って悪戦苦闘する姿には胸を打たれます。
 

途中、「精子ちゃん」というとってもカワイイ幼児も登場し、

「僕たち本当に卵子に会えるのかな…」

「待っててね卵子ちゃん
 今会いに行くから…!」

というセリフには神聖さすら感じます。
 

このあたり、全然ブラックじゃないです。
むしろ、超々ホワイトです!
 

その行為が「いやらしいこと」だと思っていること自体が、彼ら細胞さん達に対して申し訳なくなってしまうくらいです。

身も蓋も無い先輩赤血球の言葉がやっぱりBLACK。

赤血球君やその他はたらく細胞達の奮闘により、無事行為は完了します。

ここで終了して無事「精子ちゃん」が「卵子ちゃん」に出会えれば、ちょっと修正すれば本家の「はたらく細胞」に載ってもいい位かもしれません。
 

ですが、そんなにすんなり終わらないのが「はたらく細胞BLACK」です。
 

達成感に浸る赤血球クンの

「精子たち 無事卵子にたどりついてくれますよね!」

の言葉に、先輩赤血球の

「性行為がすべて生殖のためのものとは限らない
 むしろそうでない可能性の方が高いだろう…」

という身も蓋も無い返事です。。
 

まさに
「それを言っちゃあオシメェよ・・・」
ですね。。
 

「じゃあ僕たちの働きは
 無駄だったってことですか…?」

と憤る赤血球クンに、

「仕方ないことだ」

と割り切る先輩赤血球も、きっとジレンマを感じながらの答えだったことでしょう。。
 

「さすが、はたらく細胞BLACK だわぁ。
 ブラックな気持ちにさせるわぁ。」

と思っていたら、話はここで終わりませんでした。

なんと淋菌の感染・・・

まぁ、目次を見た時から分かっていたことではありますが、今回の行為により「淋菌りんきん」が体内に侵入します。

つまり、淋菌に感染していた女性との行為だったということになります。
 

はっきり断言はできませんが、やはり生殖のための行為では無かった可能性は高そうです。

むしろ生殖のためだとしたら子供にも影響が出る可能性大なので、ここまで来たら生殖目的でない方が望ましいですね。。
 

それにしても、こんなにも体内では細胞さん達が奮闘してくれているのに、宿主の男性はヒドい仕打ちをしますね。
 

・第1話では10年ぶりに再会した喫煙。
・第2話では過度の飲酒に迎え酒。

よっぽどストレスが溜まっていたのは間違いありません。
 

うーん、やっぱりそういうお店に行ったのかなぁ。
 

でも、正直にぶっちゃけると、
気持ちは分かります。

そういう時もありますよね。
 

まぁ、僕の場合はまさに淋病とかが怖いというのが一番の理由で、そういうお店に行ったことはありません。

そういうお店で働く方に失礼は承知ですが、現実問題、病気についてはただの偏見でも無いと思います。
 

他の理由としては、それやったら不倫でしょ!ていうのもあります。
 

・・・僕が潔白だと自慢したい訳でもなくて、気持ち分かってる時点でそこまで潔白でも無いとも思ってます。
 

なので、そういうお店に行く男の人がいるのも仕方ないことかなぁと。

男がそんなだから、そういうお店があるんですよね。。

男って、やっぱりブラックな生き物だなぁ。。

終わりに

このテーマについて書こうと思ったら、実は自分でもなんとなく予想してたんですが、やっぱりこんな記事になっちゃいました。。
 

次回はこのままいくと第4話「淋病」についての記事になるんですが、どうしようかな。

・・・書けるようだったら書こうと思います。
 

2018/7/19 書きました!

コチラです。
↓↓
はたらく細胞BLACK 第4話「淋菌襲来編」絶体絶命の状況で吹いた神風

それでは、今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

はたらく細胞BLACK 特集記事は↓コチラ
はたらく細胞BLACK 特集
本家「はたらく細胞」の特集は↓こちら!
祝!はたらく細胞 アニメ化記念
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます