Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

はたらく細胞BLACK 2巻9話 『復帰、心臓、終焉』編 最終回フラグが…

今日は「はたらく細胞BLACK」2巻
9話『復帰、心臓、終焉』編について
お話します。

立ち直った赤血球クン

同僚を失い自分を責め、
自暴自棄になってしまっていた
新米・赤血球クン。

その落ち込み具合は
まさにどん底。

一時は死を望むほどでした。

なお、前回のエピソードについては、
以下の記事でお話しています。
↓↓
はたらく細胞BLACK 2巻8話 ネタバレ 【痛風】も自己免疫疾患の一種!
 

そんな彼の苦しみを
救ってくれたのは、
白血球さんでした。

赤血球クンのどん底を救った白血球さん
 
白血球さんの胸で思いっきり泣く赤血球クン
はたらく細胞BLACK 2巻 7話

白血球さんの胸で
思いっきり泣く赤血球クン。
 

女性に慰められて泣くというのは
一般には男女逆転のように
感じるかもしれませんが、

はたらく細胞BLACK の
今までのストーリーからして
この役ができるのは
白血球さんしかいません。

 

これで赤血球クン、
すっかり気力を
取り戻したようです。

次の日には現場に現れ、
このキリっとした表情を
見せてくれました。

現場に戻った赤血球クン
 
先輩たちに謝る赤血球クン
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

おぉ、なんてすがすがしい謝り方!

なんだか赤血球クン、
男らしさが数段アップしましたね!
 

これに対する先輩達の反応は
とっても優しいものでした。

優しい先輩達
 
先輩達が1人前と認めてくれた!
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

おぉ、先輩達が
赤血球クンのことを
1人前と認めてくれました!

良かったですね~。
 

はたらく細胞BLACK、
普段はブラックなことばかりですが、
たまにはこういうのもいいですね。

一人の青年の成長物語としても
面白い作品だな、と思います。

突然の心筋梗塞!

赤血球クンの復帰に
安堵したのもつかの間。

宿主の体内環境の悪化は
なおも続きます。
 

いや、むしろここにきて
一気に深刻したといいますか。

今までの円形脱毛やら胃潰瘍やらとは
レベルの全く違う症状が
宿主を襲います。

心筋梗塞
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

 
心筋梗塞とは、
心臓に向かう動脈『冠動脈』に血栓が生じて
心臓に血液が巡らなくなり、
心筋が壊死してしまう疾患です。

心筋梗塞はどのように出来るのか?

事の始まりは、
冠動脈に形成された
プラーク(粥腫しゅくしゅでした。
 

プラークといっても、
歯に出来る歯垢のことでは
ありません。

歯垢は、口の中の細菌が
歯の表面に付着して増殖した物です。
 

これに対し、今回のプラークは、
冠動脈にLDL(コレステロール)
が溜まったもののことです。
 
両方とも英語では plaque なので
分かりにくいですが、
別物なので注意です。
 

そして、今回
なんらかの原因で
プラークが崩壊。

(プラークの崩壊原因は、
 現在のところ
 詳しく分かっていません)
 

これにより冠動脈せまくなり、
狭心症になってしまった模様。 

狭心症
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

狭心症の症状は、
胸の痛みや圧迫感。

原因は、心臓の筋肉へ供給される酸素が
不足されることです。
 

とはいえ狭心症の症状は
一時的な物。

通常であれば
一旦は症状は
治まるのが普通です。
 

ですが、度重なる不摂生により
宿主の冠動脈のプラークは
よほど大きくなっていたのでしょうね。。

付近での巨大なプラーク崩壊により、
完全に冠動脈がふさがれてしまい、
結果、心筋梗塞となってしまったのです。

宿主、死亡・・・?

心筋梗塞になったということは、
もはや宿主の命に関わる
重大問題です。

「このままじゃ
 心臓が止まってしまう・・・!
 
 このせかい
 終わってしまう・・・!」

と必死に酸素を運ぶ赤血球クンです。

必死に酸素を運ぶ赤血球クン
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

しかし、

体内の上層部は
ナント、、

もう宿主の死を
受け入れてしまったのです。。

宿主の死を受け入れた体内の上層部
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

 

そして、全細胞に向けた
体内放送で、、

この体は今日限りをもって 死を迎える
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

・・・世界の終りの発表。。
 

この突然の発表には
納得いかない細胞達も多く、

「いきなりそんなこと言われて
 納得いくかぁ!」
 
「ちゃんと
 説明しろぉ」
 
「俺たちを散々働かせておいて
 いまさらそれはないだろう!?」

と非難殺到です。
 

すると上層部は、

本当に… 申し訳ありませんでしたぁ!!
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

と平謝り。

まるでブラック企業の
倒産会見のよう。。
 

主人公の赤血球クンも、
当然納得なんてしていません。

まだまだ僕の人生
先は長かったハズなのに・・・
 
せっかく一人前だと
認めてもらえたのに・・・
 
あこがれの白血球さんと
もっといい感じになれたかも
しれないのに・・・

・・・全部僕の想像ですが、
赤血球クンには
こんなふうに色んな思いが
渦巻いていたんじゃないかなぁと。。

動いてくれ!心臓!
はたらく細胞BLACK 2巻 8話

前途有望なこの若者のためにも、、
宿主の体、一命は
取り留めてほしいものです。

心停止したとしても、
5分以内に人工呼吸や
心臓マッサージをすれば
助かる可能性はあります!
 

・・・うーん、、
ちゃんと救急車、
呼べたかなぁ。。

まとめ

今日のお話をまとめると、

  • 死にたいと思うほど落ち込んだ赤血球クンだが、美人の白血球さんの胸の中で泣き崩れたことにより一気に回復。
  • しかし、次に待ち受けていたのはイキナリの心筋梗塞。原因は、LDLの固まりであるプラーク(粥腫しゅくしゅ)の大規模な崩壊により心臓に向かう冠動脈が塞がれたことによる。
  • これには体内の上層部もお手上げ。せかいの終わりを全細胞に対して発表。どうなる、、?はたらく細胞たち・・・

でした。
 

徐々に体内が悪化していき
色んな病気が表面化していくのかと
思いきや、

それらを全部すっとばして、
今回いきなりの心筋梗塞。。

これには心底驚きました。
 

そして、次号はたぶん、最終回。

ガチでまだ読んでませんが、
まぁ確定でしょうね。。

さぁ、どうなる?
宿主の命・・・
そして体内ではたらく細胞たち・・・
 

それでは、今日も
最後まで読んでいただき、
どうもありがとうございます。

はたらく細胞BLACK 特集記事は↓コチラ
はたらく細胞BLACK 特集
本家「はたらく細胞」の特集は↓こちら!
祝!はたらく細胞 アニメ化記念
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます