Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

腹黒美少年・樹状細胞の極悪非道ぷり爆発!はたらく細胞「サイトカイン編」

2018年6月29日

こんにちは、べっちです。

今日は、はたらく細胞「サイトカイン編」についてです。

特に、可愛い系な顔してエゲツない手段を取る「樹状細胞」と、「サイトカイン」について焦点を当ててお話していきます。


スポンサーリンク

樹状細胞とは

「はたらく細胞」に出てくる樹状細胞はこんな感じの可愛い系男子です。

「はたらく細胞」に出てくる樹状細胞はこんな感じの可愛い系男子
はたらく細胞 1巻 3ページ

一見、いかにも純情で優しそうな顔をしていますが、実際は全っ然そんなことありません!

「はたらく細胞」に出てくる登場人物の中で一番ヒドいやつと言って間違いありません!
 

その非道っぷりは後ほどお話することとして、
次に本物の「樹状細胞」について見てみましょう。

樹状細胞のイラスト
出典:WIKIMEDIA COMMONS File:MHC for beginners jp.svg

こんな風に触手が沢山出ている形状が「樹状」に見えることから、「樹状細胞」と言います。
 

樹状細胞は、平常時には好中球やマクロファージと同様に、異物などを貪食する能力を持ちます。
(この状態を「未熟樹状細胞」と言います)

この状態では、他の免疫細胞を活性化する能力はあまり高くなりません。

ですが、樹状細胞が活性化して「成熟樹状細胞」になると、他の免疫細胞を活性化する能力が飛躍的に高まるのです。

成熟樹状細胞になるためには・・・

「はたらく細胞」では、樹状細胞が活性化して「成熟樹状細胞」となったのは「乳酸菌」クンからもらった「多糖類」のおかげでした。

「乳酸菌」クンからもらった「多糖類」により「成熟樹状細胞」になれた
はたらく細胞 5巻 87ページ

おぉ、なんと「乳酸菌」クンの角を折ってしまっていますね!!
 

でも大丈夫。

「乳酸菌」クンにはちゃんと了承済みで、折ったそばから次の角がニョキニョキ生えてきました。
 

そして、

「成熟樹状細胞」完成
はたらく細胞 5巻 88ページ

・・・何故かサングラスをかけていて、しかも酔っぱらっているようです。

「酔拳」のように、酔えば酔う程強くなる、ということなのでしょうね。
 
 

そして実際の樹状細胞も、このように乳酸菌が出す多糖類により活性化する性質があります。

実際に、この性質を利用したヨーグルトの開発もなされています。

ヨーグルトで樹状細胞を活性化
出典:株式会社明治食機能科学研究所:免疫調節多糖体を産生する乳酸菌を活用した機能性ヨーグルトの開発

 

まぁ僕自身は、ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することについては消極的な考えを持っていますが。。

それについてはコチラの記事もよろしければ合わせて見ていただければと存じます。
↓↓
『はたらく細胞』の乳酸菌がかわいい!※でも摂取方法には注意して!
 

なお、「はたらく細胞」では触れられていませんでしたが、成熟樹状細胞になるためには乳酸菌の多糖類以外にも、外敵との接触により成熟する、という方法もあります。

スポンサーリンク

樹状細胞、サイトカインという名の○○を大放出

さて、成熟した樹状細胞ですが、いよいよサイトカインを放出して免疫細胞たちを活性化させることになります。

樹状細胞、サイトカイン放出準備
はたらく細胞 5巻 91ページ

しかしこのサイトカイン、本当にエゲツないんです。。

「サイトカイン」と書かれた段ボール箱に何が入っているかというと・・・

サイトカインの正体は・・・
はたらく細胞 5巻 93ページ

・・・なんと、免疫細胞たちの過去の恥ずかしい写真の数々でした。。

黒歴史をばら撒かれたことにより、
免疫細胞たちは恥ずかしさのあまり頭に血が上って活性化!

真っ赤になって大奮闘する細胞たち
はたらく細胞 5巻 94ページ

顔を真っ赤にして物凄い勢いで仕事をする細胞たちの姿が笑えます。

苦戦していた外敵との戦いも一気に決着したのでした。
 

それにしても樹状細胞、みんなの過去の恥ずかしい写真をよくもまぁあんなに貯め込んでいたものです。
 

きっとここぞという時に放出しようと日頃から企んでいたのでしょうね。。

なんという腹黒さ。。
 

もちろん本物のサイトカインは、「はたらく細胞」に出てくるような過去の写真なんかではありません。

実際には、サイトカインは細胞に対して化学的、形態的に変化をもたらす「たんぱく質」の総称です。
 

サイトカインは多種多様な細胞から産出され、他の細胞や他のサイトカインに影響を及ぼし合い、生体にとって非常に重要な物質となります。

「はたらく細胞」ではその1例として「樹状細胞」のサイトカイン産生、放出についてクローズアップされた、ということとなります。

まとめ

今日の話をまとめると、

  • 樹状細胞は、乳酸菌の出す多糖類や外敵との接触により活性化し、「未熟樹状細胞」から「成熟樹状細胞」に成長する
  • 樹状細胞が産生・放出するサイトカインは、免疫細胞を活性化する。
  • 「はたらく細胞」に出てくる「樹状細胞」は可愛い系男子で優しそうだが、人の心を傷つけるやり方が非道すぎる。

でした。
 

それにしても、免疫細胞たちが恥ずかしい想いをさせられたことによりパワーアップするというのも、面白い設定ですね。

ただ、僕だったらあんなふうに過去の黒歴史をバラされたりしたものなら、もう恥ずかしくてその場にいられないと思うのですが。。
 

それでは、今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます
    None Found