Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

RealForce R2「PFU Limited Edition」1ヵ月使用後の徹底レビュー!

こんにちは、べっちです。

先月買いました
RealForce R2「PFU Limited Edition」
ですが、使い始めて1ヵ月経ちました

購入時のレビュー記事はコチラ
↓↓
RealForce R2「PFU Limited Edition」レビュー HHKBとの打鍵感の違い


スポンサーリンク

やはり打鍵感が気持ちいい!

RealForce R2「PFU Limited Edition」の一番のイイところは、
なんと言ってもその打鍵感です!

サク サク サク

という何とも言えない感覚がとても心地良く、とっても滑らかにタイピングが出来ます。
 
 

また、押下圧45g は軽すぎず重すぎず丁度よいです。

一般的なキーボードだと押下圧は60g あって、結構重たいんですよね。。
 

僕は腱鞘炎気味なのですが、朝に痛むことが多いのですが、この軽いタッチで押せるというのは非常に助かっています。

もう一つ愛用しているキーボード 「HHKB Pro JP Type-S」も同じ押下圧45gなのですが、押下圧の軽さで言ったら RealForce R2 「PFU limited edition」の方が上だと感じています。

長時間タイピングしていても指や腕の負担が少なく、腱鞘炎の方も少し緩和してきたかなぁと感じています。 
 
 

そして、打鍵音がとっても静かなのも特徴です。

周囲に音がある程度出ている職場だと、ほとんど音がしていることが分からないくらいの静けさです。

正直、そこまで静かじゃなくても良かったのでは?と思ってしまうほど。

でもまぁ、静かなのに越したことはありませんけどね。

Ctrl と CapsLock が入替可能!

RealForce R2「PFU Limited Edition」には、
「Ctrl と CapsLock を入れ替えれないとダメ!」
という一部コアなユーザーにとって非常にうれしい機能が付いています。

それは、「Fn + F11」押下により
「Ctrl」と「CapsLock」を入れ替えられる機能です。
 

また、「Fn + F9」で、入れ替えた内容がキーボード本体に保存される機能まで付いています。

そしてさらに、「Ctrl」と「CapsLock」の入替用キートップまで付属しているのは凄く行き届いています。
 

外部のソフトウェアを必要とせず物理的にキー配置を変更できるなんて、本当にスバラシイですね!
 

なお、RealForce R2「PFU Limited Edition」には「Fn」キーの組み合わせにより実現できる機能は他にもあります。

詳しくは下記のページでお話していますので、よろしければゼヒご覧ください。
↓↓
RealForce R2「PFU Limited Edition」Ctrl と CapsLock が入替可能!

スポンサーリンク

スペースキーが長いのは、使ってたら慣れた

スペースキーの長さについてなんですが、一般的なキーボードって、スペースキーはこの位短いタイプが主流です。

一般的なキーボードのスペースキー

これに対し、RealForce R2 「PFU Limited Edition」のキーボードのスペースキーの長さはこの通り結構長いです。

一RealForce R2 「PFU Limited Edition」のスペースキー
 

このスペースキーが長い仕様は、買う前から不安がありましたし、実際使ってみてしばらくは慣れませんでした。

というのも、スペースの左右に並んでいるキーの配置が、スペースキーが長い分だけ外側にずれているからです。
 

具体的には、親指で押しやすい位置にあった
以下のキーが、親指で押しにくくなってしまいました。

ですが、使い続けて1ヵ月経った今、違和感はほぼ無くなりました。

やはり慣れるものですね。
 

それぞれのキーの押し方ですが、
・少し親指を曲げて押したり
・代わりに中指や薬指を使ったり
・時々手の平の外側を利用したり

と、色んな方法で押しています。

終わりに

今日の話、RealForce R2 「PFU Limited Edition」の1か月後の使用感についてまとめると、

  • やはり打鍵感はスバラシイ!重すぎず軽すぎず、長時間のタイピングでも疲れにくい!
  • Ctrl + CapsLock が物理的に入れ替えられる機能は、コアユーザーにとって嬉しい限り。
  • スペースキーが長いことによる弊害は、使い続けることにより慣れてきた。

でした。
 

キーボードとしては最高級なので、お値段もかなりしますが、長く愛用するものとしては一度奮発しても後悔しないと思います。

Amazonでもレビューが少しずつ掲載されているので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。
↓↓

Amazon.co.jp:東プレ REALFORCE R2「PFU Limited Edition」テンキーレス 日本語配列 (ブラック) 静音 APC付 押下圧45g
 

それでは、今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます