Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

RealForce R2 スペースキーが長い影響 「カタカナひらがな」キー編

2018年7月13日

こんにちは、べっちです。

今日も引き続き、東プレ製のキーボード
RealForce R2「PFU Limited Edition」
についてです。

昨日は、変換キーと無変換キーの位置が親指で押しづらい、という話をしました。
↓↓
RealForce R2 スペースキーが長いため無変換 変換が親指で押し辛い

今日も、このキーボードの一部独特なキー配置についてお話します。
 

RealForce R2「PFU Limited Edition」です。
僕はコレの「黒」を買いました。
↓↓

「カタカナ/ひらがな」キーが右寄りなので親指で押しづらい

「『カタカナ/ひらがな』キーなんて何に使うんだ」
っていう人は多いかもしれませんね。

でもこのキーは、IME(日本語入力)機能を ON にしてくれる便利キーです。
 

普通は「半角/全角」キーを押して IME機能の「ON/OFF」を切り替えると思いますが、「カタカナ/ひらがな」キーは強制的にIME機能を「ON」にしてくれるのです。

つまり、今IMEが ON なのか OFF なのかを「IMEバー」で確認しなくても、IME を ON にしたければ「カタカナ/ひらがな」キーを押せば IME機能を「ON」となり、日本語入力が開始できるので、とても便利なんです。
 

ですが、
RealForce R2「PFU Limited Edition」
の「カタカナ/ひらがな」キーはこんな風に右寄りです。

◆RealForce R2「PFU Limited Edition」の「カタカナ/ひらがな」の位置
RealForce R2「PFU Limited Edition」は「カタカナ/ひらがな」キーが右に寄っている

◆HHKB Professional JP Type-S の「カタカナ/ひらがな」の位置
HHKB Professional JP Type-S の「カタカナ/ひらがな」の位置
 

僕は今まで「カタカナ/ひらがな」キーは親指で押すことに慣れていました。

ですが「RealForce R2」で「カタカナ/ひらがな」はこの位置なので、親指で押すにはかなり第一関節を曲げなければ押せず、これは結構な負担です。
 

対応としては、「RealForce R2」の「カタカナ/ひらがな」は右手の薬指で押すようにすればうまく押せそうです。

こちらも、「左Alt」と同様で慣れるまでは少し時間がかかるかもしれません。

使ってみて1ヵ月位経ったら、またレビューさせていただきますね。

スポンサーリンク

まとめ

今日の話をまとめると、
RealForce R2「PFU Limited Edition」は
スペースキーが長いことが影響して

  • 「カタカナ/ひらがな」キーが右寄りとなったので、右手の親指で押しにくくなった
    ⇒ 右手の薬指を使うことで対応してみる

でした。
 

キー配置についてはこんな風にまだ慣れない部分もありますが、キータッチについては軽くて打鍵していても疲れにくく、非常に満足しています!
 

次回の記事はコチラ
↓↓
RealForce R2「PFU Limited Edition」左右のAltキーの正しい押し方

それでは、今日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます