Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【画像付き】Zapierを使ったポメラDM200→WordPress下書き投稿設定

2018年3月30日

前回は、ポメラDM200からWordPressに投稿する方法として、

  • Zapierを使うことのメリット
  • ポメラDM200で書いた記事がどんな風に反映されるか

についてお話しました。

前回の記事はコチラ
↓↓
ポメラ DM200 アップロード機能でWordPressに下書き投稿が可能!
 

今回は、WEBサービス連携ツール「Zapier」の設定手順をお話します。

今回の設定を行って、次回の記事の手順 でポメラDM200からアップロードの操作をすると、WordPress に下書き状態で投稿されます。

始めの一回だけ少し長い手順での設定が必要になりますので、頑張ってくださいね。
 

なお、おおまかな流れは以下のとおりになります。

(1) メールアカウントの準備

(2) Zapierアカウントの作成

(3) 「Zapier Email」の作成と、「Zapier」からの接続

(4) 「Zapier」のWordPress投稿設定

スポンサーリンク

(1) メールアカウントの準備

それでは早速はじめますね。

まず、自分のメールアカウントを準備します。
メールアカウントを持っていれば不要です。

Gmail か Outlook のアカウントを持っていれば、ポメラDM200のアップロード機能もそのまま使えます。

ここでは、メールアカウント作成の詳細手順については割愛します。
 

(2) Zapierアカウントの作成

Zapierのアカウントを作成します。
↓↓
Zapier サインアップ

名前、メールアドレス、パスワードを入れて「Sign Up」を押します。
※ここで入れたパスワードは、次回以降のログイン必要になります。
 

Zapierのダッシュボードが表示されます。

「Make a zap!」ボタンを押下します。
 

トリガーとなるアプリケーションを選択する画面が表示されます。

「Email Parser」を選択します。
後ほど出てくる「Zapier Email」で受信されたメールが「Email Parser」で抽出され、WordPressに投稿されます。
 

アプリケーションの中から、どの機能を使うかを選択する画面が表示されます。

「New Email」を選択します。
「Zapier Email」でメールが新しく受信した時に動作するタスクです。
 

選択を確定する画面が表示されます。

「Save + Continue」を押下します。
 

(3) 「Zapier Email」の作成と、「Zapier」からの接続

「Zapier Email」のアカウントに接続する画面が表示されます。

「Connect an Account」を押下します。
 

「Zapier Email」のログイン画面が表示されます。

まだアカウントを持っていないので、
「Sighup」のリンクを押下します。
 

「Zapier Email」のアカウントを作成する画面が表示されます。

自分が持っているメールアドレスと、任意のパスワードを入力し、
「Signup」を押下します。
※ここで入れたパスワードは、次回以降のログイン必要になります。
 

「Zapier Email」のメールボックスの一覧画面が表示されます。
まだメールボックスが無いので、「No mailboxes」と表示されています。

「Create Mailbox」ボタンを押下します。
 

最初のメール受信待ちの画面に表示されます。
英語で、「xxxxxx@robot.zapier.com」に最初のメールを送信してください。
と記載されています。

なので、表示通り「xxxxxx@robot.zapier.com」に対し、メールを送信する必要があります。
 

適当にメールを送信する必要があるので、ここでは例としてgmailで送信しています。

 

「Zaier Email」にメールが届いています。

「Edit」のリンクをクリックします。
 

テンプレートの編集画面が表示されます。

ココ重要です!
下記の文字列をそのままコピーして、
「Initial Template:」の欄に貼り付けてください。

[title: {{title}}]
[slug: {{slug}}]
[category: {{category}}]
[tags: {{tags}}]
===

 

貼り付けると、{{ と }} で囲まれた部分が自動で黄色くマーカーされます。

下にスクロールしてください。
 


「Save Address and Template」ボタンを押下してください。
 

「Zapier Parser」から、「Zapier Email」のメールデータにアクセスして良いか確認を促すメッセージが表示されています。

「Authorize」ボタンを押下してください。
 

「Zapier Parser」側の画面が表示され、「Zapier Email Parser」が表示されています。

「Save + Continue」を押下してください。
 

「Zapier Email」のメールボックスを選択する画面が表示されます。

Mailboxのプルダウンを押下してください。
 

プルダウンに「Zapier Email」のメールアドレスが表示されています。

表示されたメールアドレスを選択してください。
 

プルダウンのメールアドレスが表示された状態になります。

「Continue」ボタンを押下してください。
 

「Zapier Email」との接続テストに成功した旨のメッセージが表示されています。

「Continue」ボタンを押下してください。

※「Zapier Email」側で初回のメールが受信されていないと
 ここでエラーが表示されてしまいます。
 その場合には、「Zapier Email」にメールを送信してから
 続きを再開してください。
 

スポンサーリンク

(4) 「Zapier」のWordPress投稿設定

次に、「Action」となるアプリケーションを選択する画面が表示されます。

トリガーとなる「Zapier Email」でメールを受信された際に、「何をさせるのか」をこれから設定していきます。

WordPressに投稿したいので、検索欄に「wordpress」と入れます。
 

「WordPress」が選択できる状態になります。

「WordPress」を選択します。
 

「WordPress」に対し「どうしたいのか」を選択するための画面が表示されます。

記事の投稿をしたいので、「Create Post」を選択します。
 

「Save + Continue」ボタンが押せる状態になります。

「Save + Continue」ボタンを押下します。
 

WordPress のアカウントに接続する画面が表示されます。

「Connect an Account」ボタンを押下します。
 

ブログの情報を入力する画面が表示されます。

ブログのURLと、管理画面にログインする時のユーザ名、パスワードを入力し、「Yes, Continue」ボタンを押下します。

※もしWordPressを運用しているのがエックスサーバーの場合、「国外IPアドレス制限」の解除が必要です。

解除の方法は、下記を参照してください。
エックスサーバ WordPressセキュリティ設定
 

自身のWordPressと関連付けられた状態になります。

「Save + Continue」を押下してください。
 

WordProssへの投稿の設定画面が表示されます。
まず、記事タイトルの設定をします。

「Title」入力欄の右側のマークを押下してください。
 

プルダウンが開いた状態になります。

「title」と入力し、「Parse Output Title」を選択してください。

「Parse Output Title」は、「Zapier Email」で設定した{{title}} の部分に相当します。
 

記事本文を設定します。

「Content」欄の右側のマークを押下し、「Email Body Plain」を選択してください。
メール本文全てに相当します。

 
公開状態を設定します。

「Status」欄の右側のマークを押下し、「下書き」を選択してください。

 
投稿名の設定をします。
記事URLのファイル名にあたる部分です。

「Post Name」欄の右側のマークを押下し、
「slug」で検索し、「Parse Output Slug」を選択してください。
「Parse Output Slug」は、「Zapier Email」で設定した{{slug}} の部分に相当します。

 
カテゴリの設定をします。

「Use a Custom Value (advanced)」を選択してください。

 
新しい入力欄が表示されます。

右側のマークを押下し、「Parse Output Category」
を選択してください。
「Parse Output Category」は、「Zapier Email」で設定した{{category}} の部分に相当します。
 
タグの設定をします。

「Tags」欄の右側のマークを押下し、
「tags」で検索し、「Parse Output Tags」を選択してください。
「Parse Output Tags」は、「Zapier Email」で設定した{{tags}} の部分に相当します。


「Continue」を押下してください。

 
確認画面が表示されます。

下にスクロールしてください。

「Send Test To WordPress」を押下してください。
記事がテスト投稿されます。

 
記事投稿が成功した旨が表示されます。

「Finish」を押下してください。

 
設定を有効化するかどうかの確認が表示されます。

「YOUR ZAP IS」の右にある「OFF」のマークをクリックしてください。

 
設定が有効化されました。

これで設定はおしまいです。

お疲れ様でした。

ちょっと長かったと思いますが、最初に一回きりの設定ですのでご安心ください。

投稿手順

実際にポメラDM200からzapierを使ってWordPressに投稿する部分については、こちらの記事でお話しています。
どうぞ参考にしてくださいね。
↓↓
ポメラDM200のアップロード機能でWordPressに投稿する手順

スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます